新千歳空港デジタル航空博物館
北海道ショールーム

新千歳空港デジタル航空博物館

新千歳空港サイバーツアー

雪と戦う新千歳空港の冬

  • 夏はすがすがしい北海道も冬になると雪との戦いです。新千歳空港も冬の間に2m以上の雪がふり、その量は年々増える傾向にあります。しかし、冬の間も空港は休むわけにはいかないので、83台の除雪車両が24時間体制で除雪を行い安全な航空機の離着陸を守っています。平成8年度には109回だった除雪の回数も、12年度には258回と増えています。ここではそのきびしい冬の間に活躍するさまざまな除雪車両をご紹介しましょう。
  • スノースイーパー除雪車(自走式)

    高速で回転するブラシと強力送風機(ブロア)によって路面上の雪を掃き飛ばします。滑走路、誘導路、エプロン除雪の目標となる中心線出し作業等に使用します。

    ●最大除雪幅2.5m
    ●最大送風能力150m/s
    ●最高作業速度40km/h
    ●最大除雪能力300t/h

  • スノープラウ除雪車

    路面の雪を押し出して移動させる機械です。除雪作業の主力機種として使用されます。なお、牽引式スノースイーパーと組み合わせて使用するものと単独で除雪作業するものがあります。

    ●最大除雪幅4.5m
    ●総排気量21,200cc
    ●最大作業速度40km/h

  • スノースウィーパー除雪車(牽引式)

    スノープラウ除雪車と組み合わせて強力なブラシ&ブロアにより一度の走行で滑走路や誘導路の路面の雪を完全に取り除きます。

    ●最大除雪幅3.8m
    ●最大送風能力140m/s
    ●最高作業速度40km/h
    ●最大除雪能力315t/h

  • ロータリー除雪車

    かき集められた雪を走行しながら回転部分で粉々にし、左右自在に投雪する機械です。除雪した範囲をさらに広げたり、除雪した雪を運搬車両に積み込んだりと、さまざまな除雪作業で活躍します。

    ●最大除雪能力3,700t/h
    ●最大投雪距離45m
    ●最大作業速度30km/h

  • 大型薬剤散布車

    滑走路、誘導路に凍結防止剤を散布する車両です。薬剤を満載すれば、滑走路1本の散布が可能です。

    ●最大除積載量10m3
    ●散布量(5段階切替)20~50g/m2
    ●散布幅(5段階切替)5~20m
    ●最高作業速度50km/h

新千歳空港からのおすすめ情報

  • 新千歳空港『ラーメン特集』北海道のラーメンを食べつくせ!
  • 新千歳空港ターミナルビルのオススメ撮影スポット
  • 新千歳空港限定品
ページトップへ