空港で過ごす
北海道ショールーム

最北の島うに★4月10日水揚げ解禁【島の人】

お店からのお知らせ

2016.04.12

最北の島うに★4月10日水揚げ解禁【島の人】

【祝★島うに水揚げ解禁】



島の人からのお知らせです!

ついに、長い冬もようやく終わりになり、
島に春を告げるキタムラサキウニ漁のシーズンとなりました。







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



【キタムラサキウニって???】という方はコチラ

http://shop.rebun.jp/fs/rebun/uni-mrs-reg/A00-01346



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【島の人の誇るウニ】


先日、大手ショッピングサイトでもグルメ大賞を受賞しました!

礼文島、利尻島で獲れるウニは、
お出汁で有名な利尻昆布を食べて育ちます。

ウニの味は餌で決まるといっても過言ではなく、
安価なチリ産に比べて、昆布名産地の北海道で育ったウニは、

旨みたっぷりの甘くとろける味に育っていきます。

海産資源保護のため、ウニ漁はオールシーズンできるものではありません。

キタムラサキウニは4~9月
エゾバフンウニは6~8月と

限られた短い期間でしか獲れないのです。

その間、海には昆布が生い茂り、
海底の黒いウニを探すのは一苦労。

小さい磯舟を足で操り、上体は海に乗り上げ、
箱メガネで水中を覗きながら、タモと呼ばれる網を使いウニを掬い取ります。

漁師さんが命とプライドをかけて獲ったウニは、
浜のお母さんが丁寧に殻を剥き、

ようやく皆様のもとにお届けとなるのです。

4月10日、待ち望んでいた島ウニ漁解禁となりましたが、
海の様子はあいにく荒れ模様・・・

波の関係で、4月にウニ漁が行えるのはわずか数度なのです。
全国の島ウニファンが、水揚げの時を心待ちにしております。


ただいま予約も受付中。

ご予約の方を優先してお届けいたします★

http://shop.rebun.jp/fs/rebun/uni-mrs-reg/A00-01346


【豆知識:水揚げと産地】


ちなみに、島ウニの水揚げ時期は場所によっても異なります。



礼文島は4月10日に解禁したムラサキウニ漁ですが、

お隣の利尻島は例年6月以降からウニ漁開始。



そのため、【 早期予約 】頂いた方は

当店が誇る【 礼文島の島ウニ 】が届きます★



6月以降は利尻からの水揚げが多くなるため、

礼文のウニを味わうなら今がチャンスなのです(∩´∀`)∩



ちなみに、食べ比べてみた所感ですが、



礼文:味が濃厚で甘い。見た目はやや小粒

利尻:癖なくあっさりした甘さ。見た目は大粒が多い



考察には諸説ありますが、

礼文産は北風が吹き付ける過酷な環境で育つから小粒で濃厚、

利尻産は山から流れる雪解け水の影響で海水の塩分濃度が低く、

あっさりしたウニに育つなどなど・・・



走り・旬・名残と季節によっても

少しずつ味が変わってくるので食べ比べも面白いですよ(*^^*)♪





もうすぐ店頭にも並びますので、ぜひお立ち寄りください!



店舗情報を見る

新千歳空港からのおすすめ情報

  • 新千歳空港『ラーメン特集』北海道のラーメンを食べつくせ!
  • 新千歳空港ターミナルビルのオススメ撮影スポット
  • 新千歳空港限定品
ページトップへ