作品情報

■上映期間2022年7月15日~終了日未定

キングダム2 遥かなる大地へ

前作を凌駕するスケールへとパワーアップし、映画『キングダム2 遥かなる大地へ』としてスクリーンに帰ってくる。 前作に引き続き、佐藤信介が監督を務め、脚本は黒岩勉と原作の原泰久が担当。原作者自らが考案した映画オリジナルのシーンやセリフが加筆され、映画ならではの「キングダム」が構築された。

これが大将軍への第一歩だ―― 信しんは、漂ひょうの想いを胸に初陣に挑む!

時は紀元前。春秋戦国時代、中華・西方の国「秦」。戦災孤児として育った信しん(山﨑賢人)は、王弟のクーデターにより玉座を追われた若き王・嬴政えいせい(吉沢亮)に出会う。天下の大将軍になると一緒に誓いながらも死別した幼馴染の漂ひょうとうり二つの国王に力を貸し、河了貂かりょうてん(橋本環奈)や山の王・楊端和ようたんわ(長澤まさみ)と共に王宮内部に侵入する。信は立ちはだかる強敵を打ち破り、みごと内乱を鎮圧。玉座を奪還することに成功した。しかし、これは途方もなき戦いの始まりに過ぎなかった――

半年後、王宮に突如知らせが届く。隣国「魏」が国境を越え侵攻を開始した。秦国は国王嬴政の号令の下、魏討伐のため決戦の地・蛇甘平原(だかんへいげん)に軍を起こす。歩兵として戦に向かうことになった信は、その道中、同郷の尾平びへい(岡山天音)と尾到びとう(三浦貴大)と再会。戦績もない信は、尾兄弟に加え、残り者の頼りない伍長・澤圭たくけい(濱津隆之)と、子どものような風貌に哀しい目をした羌瘣きょうかい(清野菜名)と名乗る人物と最弱の伍(五人組)を組むことになってしまう。魏の総大将は、かつての秦の六大将軍に並ぶと噂される軍略に優れた戦の天才・呉慶ごけい(小澤征悦)将軍。かたや秦の総大将は戦と酒に明け暮れる猪突猛進の豪将・藨公ひょうこう(豊川悦司)将軍。信たちが戦場に着く頃には、有利とされる丘を魏軍に占拠され、すでに半数以上の歩兵が戦死している隊もあるなど戦況は最悪。完全に後れを取った秦軍だったが、信が配属された隊を指揮する縛虎申ばくこしん(渋川清彦)は、無謀ともいえる突撃命令を下す――

【 監督 】 佐藤信介 【 出演 】 山﨑賢人、吉沢 亮、橋本環奈、清野菜名

■制作国/日本 ■制作年/2022年 ©原泰久/集英社 ©2022 映画「キングダム」製作委員会

ページトップへ